齋藤一徳のオススメディズニー画像

齋藤一徳とディズニー映像の事情に触れよう

齋藤一徳

 

 

皆さん一度は、ディズニーの映像作品をご覧になったことあると思います。

 

なんと約90年前から、ウォルト・ディズニーはアニメーションを制作してきたのです。

 

今では、すっかりお馴染みのディズニーキャラクターたちですが、そこまでの道のりは険しいものでした。

 

ウォルト・ディズニーは、まずオリジナルのキャラクターの必要性に気が付きました。

 

ただ、簡単ではありませんでした。

 

オズワルドというキャラクターを作り、それが後にミッキー・マウスになったりと、試行錯誤の連続です。

 

近年もそうです。

 

シンデレラ、白雪姫はみんなが思い描くお姫様です。ただ見ている人が共感できません。

 

そこでリトル・マーメイド、美女と野獣など、努力をしている、時代に合ったキャラクターが生まれたのです。

 

ヒットには、すべてワケがあるのです。